え?今日出掛けるのに引き出せない

大学を卒業して社会人1年目のことだったろうか。次の日朝早く旧友と遊びに行くという計画だった。お金には困っていなかったが、その日はたまたま現金がなかった。コンビニでおろせばいいだろうと軽く考えていた。朝立ち寄ったコンビニでことは起きる。なんと引き出せないのだ。ちょうど銀行のメンテナンスかなにかにあたったのか、運悪く同じ経験をしたひとも多いと思う。私は焦ったが、カードローンという項目がATMにあることを知っていた。あまりお金は借りたくない。当然返さなければならないし、金利も付く点で銀行の預金とはまったく異なるものだからだ。どうにかメンテナンスが終わらないかと考えていたが、終わる気配がない。第一メンテナンスだったら1日は掛かるのではなかろうか。約束の時間は刻々と迫ってくる。だんだん焦る。もう借りてしまおう。10%からの利息を取られても、それで万事うまくいけば安いだろうと考えた。いままで押すことのなかったカードローンのボタン。押すと取り引きが始まる。あっという間にお金が出てきて、へっ?これだけ?というのが一番の感想である。カードローンは実に手軽に使えてしまう。銀行に預金はあったが、仮になくともいまのやりとりは成立してしまうと考えたらちょっと怖い気がした。だけど、次第に現金を手にできたことでホッとする気持ちのほうが勝り、それからあまり考えずにいた。しばらく経って銀行の残高が減っている。何事かと思えば例のカードローンである。一度で返せば金利はこの程度かと安堵した。しかしあのときもしお金がなかったらと考えるとすこし微妙な気分だ。ともあれいつもいくらか現金をもっているべきとの教訓を得て、私の人生初のカードローンは終わりを告げた。

専業主婦カードローンで融資できる!【※今すぐ借りたい人専用】

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>